木造住宅での、構造の強さの最高レベルをクリアできる住宅をご提案させていただきます。

わが社の住宅は、耐震性能3等級、耐風性能2等級

その下の1等級は、建築基準法遵守レベルとなり、最低のライン等級に該当します。

等級が上がれば、それだけ性能がよいということを示します。


ナショナル耐震住宅工法 テクノストラクチャー





当社では安全性を最重視し、性能表示耐震等級3対応。建物の最も負担のかかる梁(横の柱)に鉄骨を入れ、住宅を強化しております。
これが普通の工務店ではできないハウスメーカーならではのパナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャーです。




パナソニック耐震住宅工法

テクノストラクチャーで用いられる テクノビーム(鉄骨の入った梁)






(財)原子力発電技術機構多度津工学試験場にて

実際に、このテクノストラクチャー工法の住宅に阪神大震災と同じ揺れを5回与えて実験しました。


地震大国日本では、突如の地震に対してもカバーできる性能を持った住宅でなければならないと考えます。

だからわが社は、普段忘れてしまいがちな所についても注意しています。それが、本当のお客様の満足だと考えます。


パナソニックビルダーズグループ登録のわが社だから、お客様がお住まいになる住宅すべてをパナソニック電工本社にて構造計算をし、構造計算書を標準でお渡しいたします。

パナソニック電工本社では、柱一本一本にかかる力の計算をする独自のシステムで、強度不足、過剰設計を防ぎます。その際、耐震性もしっかりチェックいたします。